どうにかなってる日記

トマトの日記2023

同じ絆

昨日で鬼滅の刃遊郭が最終回だった

 

最終回はCMなしのぶっ通しという

物凄い力の入れ方だった

 

そんな遊郭

 

感想は最終回の後にまとめて書くか...

と思っていたから

ここまでの記事では全然触れてこなかったけど

 

実際は毎週テレビに張り付いて見ていた

 

まあ

全話見た感想としては...

 

メチャクチャ良かった...

 

まずキャラ描写が全員完璧

 

起きている善逸は

堕姫に怒るシーンとかで成長を感じられたし

 

伊之助もいちいち登場が熱い...

 

炭治郎と禰豆子は謎のパワーが発現し

今後が気になる...!!

 

そして... 妓夫太郎堕姫

炭治郎と禰豆子の2人と対になるのもよかった

 

両方とも本当の絆で結ばれた兄妹...

 

だけど

方や家族や仲間に恵まれ

もう片方は最悪の環境で育ったという違い...

 

1番辛い目に遭っているからこそ

罪を重ねてしまう...

 

あの2人の背景は

ここまでの作中でも屈指の辛さだった

 

けど

ラストのあの世的な所での会話は感動した...

 

堕姫(梅ちゃん)を思って

わざと突き放そうとする妓夫太郎と

 

遠い過去の約束を覚えている堕姫...

 

2人一緒に... 光に背を向けて

炎に包まれた闇へと向かっていく

あの後ろ姿は切なくも愛おしかった.....

 

でも

遊郭編で最も派手な活躍をしたのは

やっぱり音柱こと宇髄天元

 

シンプルに頼もしいしカッコイイ...

 

ただ...

完全にこの人が死ぬと思って見ていたから

 

ラストがあんなハッピーな感じだったのは

意外だった...

 

あと... 宇髄さんの妻の

おっぱいの大きい3人組も可愛かったです

 

...こんな感じで

キャラ描写やストーリーもよかったんだけど

 

やっぱり1番凄かったのはバトルシーンの作画

 

特に... 妓夫太郎が出てきてからのバトルは

とんでもないモノを見せてもらった感が凄かった

 

ドラゴンボールの映画を見た時...

無限列車編を見た時...

 

それらに匹敵する...

なんなら場面によってはそれ以上の見応えを感じた

 

TVアニメなのに...!!

 

もう

コレはバトルアニメの頂点かもしれない

 

400億のパワーは伊達じゃない...

 

ちなみに

僕のお気に入りシーンは10話...

 

炭治郎が妓夫太郎にやられそうになっていた時

死んだと思っていた宇髄さんが颯爽と現れる

あのシーン

 

でも

どのシーンもホントに凄かった

 

無限列車編のうちに

ハマっておいてよかった...

 

遊郭編は

先に繋がりそうな場面が色々あったから

続編の刀鍛冶の里編もメチャクチャ楽しみだ~.....

 

 

...という具合に

 

遊郭編の感想を書いていたら

なんか1000文字までたどり着いてしまった

 

今日は他にも書こうとしていたことがあったけど

これに関してはまた明日だな.....

 

f:id:tanosinakama:20220214095212p:image

ちなみに... 今日は

残響散歌を聴きながらバイトに行きました...