どうにかなってる日記

タチツテトマトの日記

多重露光とA.I.と炎

善逸は... じゃなくて

善は急げということで

 

f:id:tanosinakama:20201221155711j:image

鬼滅の映画と


f:id:tanosinakama:20201221155723j:image

ライダーの映画を見に行ってきた

 

メチャクチャ久々の映画館でまさかの

2作品(ライダーが2本立てだから3作品?)をハシゴ...

 

まあ

素敵な時間を過ごすことができました

 

ということで

見た順に雑な感想を書いていく

 

 

ネタバレ注意!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

最初に見たのはセイバー

 

劇場短編と言うだけあって

短くシンプルなストーリーだった

 

ファルシオン絡みの話もわかりやすくてよかった

 

でもやっぱりこの映画は戦闘がメイン

 

僕は... 円状に巨大ブックが並んだ状態での

6人同時変身シーンがとっても好き...(戦闘の前やん)

 

あと... 短編といっても

映画らしくド派手な映像になってたのもよかった

 

そんな感じ!

 

 

セイバーに続きゼロワン

 

80分をかけて濃密な60分を描くストーリー

 

時間を追うごとに

どんどん謎が明らかになっていって面白かった

 

...って感じなんだけど

利尿作用がある烏龍茶を映画のお供に選んだせいか

 

ゼロワンが始まった時点で

メチャクチャトイレに行きたかった

 

けど

我慢しました

 

ヘルライジングホッパーのアルトがもがき苦しむ中

僕も同じくらいもがき苦しんでました...

 

それを踏まえた上でここからの感想を読んでね

 

 

この映画

いろいろと見所があった

 

まず

毒ガスで容赦なく一般市民を殺す風のシーンとか

駅に死体がゴロゴロ転がってる風のシーン...

 

みたいなショッキングな画

 

見てて最高にピリついたけど

あくまで(ふう)なのは朝の番組らしさがあるよね

 

さすがに

さっきまで命だったものを辺り一面に転がすのは

Amazonプライム限定でもなきゃ無理だったか...

 

でも... そのショッキング風シーンを仕掛けた

エスの諸々の真実なんかは切なかった

 

まあ... エスが諸々を語るシーンで

僕は我慢しきれずにトイレに行ったんだけど...

 

それはいいとして

 

エスのストーリーもなかなか切なかった...

 

その切ないストーリーの果てにある

人工知能になった2人の結婚式... 好き...

 

エス

この映画の裏主人公だったね...

 

...主人公といえば

なんか2代目イズも裏主人公って感じだった

 

初代イズからいろいろラーニングして

2代目なりに初代の思いと涙を知る...

 

からの

初代もなし得なかったゼロツーへの変身ですよ!

 

ラスト

ゼロワンとのダブルライダーキックもよかった...

 

...あと

やっぱり戦闘シーンもよかったですね...

 

バルキリーのバイクアクションなんか

僕はクウガを見ているのか...?

ってなるぐらいに見応えあったし

 

エデンルシファーの不気味な変身シーンも

メチャクチャ好みだった(戦闘の前やん)

 

てか... 情報を遮断してたから

ルシファーの存在自体が結構サプライズだった

 

 

...ここまで褒めてきたけど

う~~んってなった部分も少しある

 

まず...

映画の最初にスタジアム(儀式の間?)的なところで

エデンとゼロツーが戦ってたじゃん?

 

2人とも光っててカッコよかったんだけど...

 

そのシーンの絵面が強すぎて

ラストバトルの舞台(草むら)がなんか弱く感じた...

 

まあ... 結婚式からのライダーキックが熱すぎて

それに関してはどうでもよくなったけどね!!

 

尿意を催さなかったら

この映画ももうちょっと楽しめたと思います!!!!!

 

 

ラストは鬼滅


f:id:tanosinakama:20201221155715j:image

物凄い量のポスター

貼ってあることからもわかるように

 

異常なレベルで流行っているこの映画

 

僕もその異常な流行りに

後から乗った1人なんだけど...

 

乗ってよかった..... ってなる映画でした

 

ド迫力のバトルシーンはもちろん

ストーリーも最高だった.....

 

 

この映画の主役は

炭治郎煉獄さんの2人(個人の感想)

 

2人ともホントにカッコよくて

何度もボロボロ泣いてしまった...

 

炭治郎に関しては

その中でも特に好きなシーンがある

 

それが

 

魘夢に

家族から苛まれる悪夢を見せられた炭治郎が

そんなこと言うわけないだろ!!! ってキレるシーン

 

心が折れちゃう流れかと思ったら

まったくそんなことはないのが好き...

 

炭治郎は

家族をずっと信頼してる大切にしてるんですよね...

 

だからこそ

みんな惨殺されてるってのが切ない...

 

 

そして煉獄さん.....

 

最期まで強くカッコよかった...

 

猗窩座を倒すことこそできなかったけど

見てる側が諦めかけてたところでも諦めてなかった

なんかもう執念みたいなモノを感じた...

 

でも

死んじゃったのが悲しくはあるよね...

 

マジで煉獄さん追悼ソングだったし...

 

うん.....

 

 

という

余韻を感じたところでスーパー映画鑑賞タイムは終了

 

楽しかった~~! ...けど

もうスクリーンで烏龍茶は飲みません...