アイカツとタイムレンジャー

ぶっちゃけ最近タイムレンジャーよりエグゼイドの方が好きな気がする

小さな星の話をしよう

疾走する本能!

 

仮面ライダー555を完走した感想を書く

(「疾走」ともかかってる見事なダジャレ)

 

アギト龍騎と怪人に全く意思がない作品見てきたから

怪人が人間そのものである555は新鮮だった

 

もう1人の主人公っていう扱いで

木場を描いたのも面白かった

 

主役は巧だから

もう1人の主役である木場がいくら人殺しても怒られない

主役は別にいるから

 

木場は結局どっちつかずだったよね

そこが木場というキャラの可哀想な所であって

ドラマを大いに盛り上げてくれたわけだけど

 

555といったら

ラッキークローバーとか

流星塾とか

巧がオルフェノクだったのとか

ユカちゃんと啓太郎の恋の話とか

警察の人の話とか

面白い話は色々ある

 

その中じゃやっぱり

巧がオルフェノクだった!

なんかアレだからもう一緒に戦えない!

のくだりがいちばん好きだな

あれ以来草加がイヤミばっか言うようになった

 

ファイズオルフェノクなら誰でも変身できるから

主人公が変身しなくても怒られない

 

だから仮面ライダーの役割は木場に任せて

巧がどんどん迷走してっちゃうとかもできるのだ

とても新鮮

 

三原もいいキャラしてた

出てきたばっかの時は帰りたい帰りたい言ってたくせに

終盤では勇敢に戦うヒーローそのもの

めっちゃ頑張ったと思うよホント

 

三原といえば

僕は

アギトのオムロくんみたいな

ちょっと残念な感じのキャラが好きだ

正確にはそのキャラが

めちゃくちゃカッコいいシーンが好き

 

G3もどきみたいなの装着して戦ってた時の

G3-Xのバッテリーを交換する

あのシーンがカッコよすぎた

 

しかも最終回では髭生やして

ちょっと偉そうな役職についてるのも好き

 

やっぱアギトも名作

アギト最高~~~~

 

あれ?

僕は仮面ライダー何の話をしてたんだっけか

555だ

 

巧って最後死んだのかな

ご想像にお任せしますって感じだったけど

あれだけ巧死にそう描写してきたんだし

死んだんだろうなあ

 

 

これを機に555の小説を読み直すのもいいな

ライダー小説の話昨日したばっかだし

このブログ的には物凄くタイムリ

 

話全然知らないのによく読めたよね昔の自分

 

内容で覚えてるのは

草加の手足がなくなるってのぐらい

 

キャラクターを知った今なら

あの小説を楽しめるのかもしれない

 

あっ

読むにしてもさすがにテスト後

一応今日から期末1週間前なのだ

あーやだやだ

そろそろ冗談抜きで勉強しないとダメってことだ

 

特撮の感想記事にもでしゃばってくるから

期末テストはやっぱりクソ

 

みんなテスト勉強頑張ってね(他人事)