アイカツとタイムレンジャー

アイカツとタイムレンジャーの話題はほとんど出ない予定だ!!!!!!

黒歴史晒し

ポケモンGETだぜ!!!!!!

 

アニポケのオープニングが映画仕様になってた

やっぱあの歌はカッコイイ

 

映画を見に行くと

マーシャドーがもらえるらしい

 

あれ、マーシャドーだっけ

名前の記憶が曖昧

ボケ老人かな

 

 

今日はご存知のとおり県民の日で休みだった

 

千葉県民しか休めないし

東京の楽しいところに行くには

絶好のチャンスなのではないだろうか

 

しかし

今日はどこにも行かなかった

キンプラも見なかった

何もしなかった

 

強いて言うなら

昨日のカービィを引きずってた

 

僕は昔うごメモをやっていた

f:id:tanosinakama:20170615195048j:image

ここで昔カービィの絵なんかを描いていたのだ

懐かしい

 

昔より絵が下手になってる今でも

引っ張り出しては

未完の大作の続きを

描いたりしてるのはナイショ

 

てかカービィを描いてたどころか

f:id:tanosinakama:20170615195452j:image

僕がカービィだった

どのくらい昔かと言うと

 

f:id:tanosinakama:20170615195525j:image

このくらい昔である

 

わかる人にはわかると思うが

僕がカービィだったのは

うごメモ終了直前だけだった

それより前は棒人間だったりヒトデだったり

 

懐かしすぎて仕方ないから

僕の描いたうごメモを振り返っていこう...

 

完全な自己満足なのだが

このブログ自体自己満足だし

気にしない気にしない

 

最初に言っておく

人は自分語りをしだすと終わりまでが長い

 

 

僕は2010年の終わりから

うごメモをやっていたようだ

クリスマスに

サンタからDSiをもらったのを覚えている

f:id:tanosinakama:20170615195935j:image

名前はまさかの本名

気が狂っている

 

描いてたものとしては

f:id:tanosinakama:20170615200134j:image

年相応の変なやつばかりだ

続き物じゃないしなんかつまらない

 

というわけで

マトモな作品が来るまで飛ぶ

 

来た

これだ

f:id:tanosinakama:20170615200357j:image

何かと日本がバタバタしていた時期だ

名前もotokonokoに変わっている

 

そんな時期に作られた作品

f:id:tanosinakama:20170615200437j:image

ミニアニメ「イケノン」だ

オリキャラのイケノンが仲間と元気に

過ごす平和な物語

 

全部で250話ある

無駄になげえ

 

しかしイケノンの記憶は色濃く残っている

イケノンは僕の小学生時代を象徴する

名キャラクターなのだ...!

 

さて

イケノンってどんな見た目なんだ

第1話をパシャリ...

f:id:tanosinakama:20170615200703j:image

なんだこれは

イケノンはこんなじゃなかったはず(知らない)

 

そんなわけでイケノンにとっての

大事なターニングポイントとも呼べる

「イケノン1期最終回」(173話)をパシャリ

f:id:tanosinakama:20170615200921j:image

あーそうそうこんな感じ

これがイケノンだ

コイツがこの後も

うごメモ人生に付きまとってくる

 

ちなみに250話までで4期ある

自分でもどうでもいい

 

ちなみにこの頃は何故か

ヘタリアにハマっていた

f:id:tanosinakama:20170615201303j:image

ヘタリアのキャラと棒人間を戦わせてるのが

何よりの証拠だ

うごメモをやってる人間はすぐに

棒人間を戦わせる

 

しばらく経って

また新たな長いシリーズが始まった

f:id:tanosinakama:20170615201841j:image

「とある研究室にて」だ

たぶん、いや絶対

無意識のうちに「とある魔術の~」とかに

タイトルが影響されてる

ちなみにコレは全部で148話

 

タイトルの割に研究はしない

これも日常モノ

シリアス編もあるにはある感じだが

何が何だかよくわからない

 

特徴といえば

f:id:tanosinakama:20170615202433j:image

f:id:tanosinakama:20170615202411j:image

登場人物の腕が凄いことになってる

ぐらいだろうか

 

あとヘタリアに影響されたのか

話の舞台がベネチアだった

もちろん全編日本語

 

その後はすでに作っていたオリキャラ

引っ張り出してリメイク的なのを作っている

感じだった

 

しかしそれも終わり

今度はうごメモ終了まで作り続けることになる

あの作品が登場する─(知らない)

 

f:id:tanosinakama:20170615202747j:image

 「ボウニンゲンライフ」だ

うごメモ終了まで描き続けたわけだから

話の数も461話とかいう驚異の多さ

 

キャラクターの量もなかなか多い

特に男性キャラが多い

しかも略すとBL

 

といってもそんな意味は無い

安心してくれ

 

f:id:tanosinakama:20170615203357j:image

イケノン棒人間もいる

 

この作品の見どころも腐るほどあるが

やたら長くて探すのも面倒だからカット

イケノン棒人間は節目の回だからすぐ見つかった

 

その後色々あり

うごメモのサービスは

終了した...

 

あれっ

カービィは?

 

そう

カービィの長編ものは作っていないのだ

しかしちまちま描いていた

 

ゼロの目は大抵飛び出していた

 

そんなわけで始まった

3DS版うごメモ

 

平和ボケしてた中1の初めまでガッツリやってた

 

どのくらい平和ボケしていたかというと

 

小学校の頃と同じノリで

学校に自由帳を持っていき恥をかいたり

 

通知表に載る趣味特技の欄に

3DSで漫画を書く」

とかいう恐ろしいことを書いたり

 

とにかく平和ボケしていた

 

この頃の自分はもはや別人だった

だからこれは自分の黒歴史晒しではないのだ...

ガクッ...

 

そんな感じだったから

3DSになっても僕はカービィだった

 

3DSに拠点を移した僕は

シリーズものをたくさん描いた

 

が、平和ボケが切れて

ほとんどが未完になってしまったのだ

いや、さっき言ったとおり

たまに昔に戻って続きを描いてるけどさ

 

ここからはその幻の作品群を見ていこう

 

まずは久しぶりの登場

f:id:tanosinakama:20170615204535j:image

ギガアニメ「イケノン3D」だ

全部で17話

もちろん未完だ

 

やっとカービィがやってくる

しかもニチアサのパロディだ

f:id:tanosinakama:20170615204702j:image

「ふたりはカビキュア」

もはやネタの領域だ

 

...えっ

さっきまでのはネタじゃなかったの

 

ニクイナーとかいう敵が出てくる

これも未完

30話で止まってる

なぜか描く気は起きない

 

f:id:tanosinakama:20170615204851j:image

「真 ボウニンゲンライフ5」

まさかの5期があった

話の数はDSiから続いている

これも未完

しかしこれは暇つぶしに描くのにいいかもしれん

やっぱボウニンゲンライフは神

 

またニチアサとカービィの掛け合わせだ

f:id:tanosinakama:20170615205116j:image

仮面ライダーカービィ

これはツイッターに晒した気がする

 

てかこの後

仮面ライダーカービィズ」を描いたとも

言った気がする

しかも最近だ

 

仮面ライダーカービィはその名の通り

カービィ仮面ライダーになって戦うとかいう

カオスなシリーズだ

 

自分が描いたシリーズものとしては

いちばんストーリーに力が入ってる気がする

 

f:id:tanosinakama:20170615205345j:image

なにせキャラが途中退場したりするのだ

 

どうやら中1の自分は

キャラが死ねば面白いと思っているようだ

その証拠に主役のカービィが2回死んでる

 

f:id:tanosinakama:20170615205503j:image

仮面ライダーカービィ自体は

最終回を迎えている

しかしだ

 

平和ボケしていない今の自分が

f:id:tanosinakama:20170615205554j:image

2年前に復活させてしまった

もちろん未完

 

しかし

絵は使い回しが多く

トーリー重視のシリーズだ

 

だから

コレはたまに描く

 

実を言うと

今日はコレを描いてた

(どっちかというと書いてたの方が正しい)

 

お話考えるのたのしー!

2年前に貼った伏線を回収するのたのしー!

 

 

以上で在りし日の黒歴史晒しは終わり

やっぱり長い記事になってしまった

 

この記事に限ってはこの締めがふさわしいと思う

 

お疲れ様でした。