どうにかなってる日記

不定期のなぞなぞコーナーを始めた

僕と契約して保険に入ってよ!

今日は12月27日

いつも日付を忘れる僕でも覚えている

 

なぜ覚えているか

それは今日だけで何度も12月27日と書いたから

 

なぜ何度も今日の日付を書いたか

それは今日僕が人生初の保険の契約をしたからだ...

 

いや

保険自体は前からいくらか契約してるんだろうけど

署名やらなんやらしまくったのはたぶん今日が初めて

 

そんなわけで今日は

たのしい保険の契約の話をする

 

 

保険の契約をしに僕と母は近所の銀行へと向かった

 

そこで迎えてくれたのはキレイなお姉さん

 

僕はガチガチに緊張していたのだが

キレイなお姉さんだからとかそういうわけではない

 

その証拠は?

 

その後に怖いおじさんが出てきた時の方が

メチャクチャ緊張したのだ...

 

大人からマジな名刺もらったの初めてだよ...

 

小学生の頃名刺ごっこ的なことはしたけど...

 

話聞く上でいろいろと相槌打ったりするじゃん?

 

しかし

2人に向かって僕の口から出る言葉といったら

ハイ...」とか「スミマセ...」とか(いずれもかすれ声)ばっかり

この前の英語と違って日本語は喋れるはずなのに...

 

とりあえず常時コミュ障絶賛発動中だった

母という逃げ道がいてくれてよかった...

 

 

いろいろあって

保険料どうするかって話になった

 

高くするか安くするかってことなんだけど

そこで悩みまくった

 

どのくらい悩んだかっていうと

悩むな~って100回くらい言うほど悩んだ

 

普段小遣いの貯金たった10万

破産破産言いながらやりくりしてる僕に

数100万だなんだって言われてもわけわからんし...

 

数100万で混乱するくらいなのに

5000兆円なんて手に入れたらどうなるだろうか...

とも思った

 

まあ5000兆円どころか

3億円なんかでも大喜びしてショック死しそうだけど

 

結局値段は高くつけた...

 

その後もトントン拍子で進んでいき

僕は腐るほど署名をしまくり

腐るほど保険の説明を聞かされ

母の雑談が30分(体感時間)ほど続くと

銀行に来てからいよいよ3時間が過ぎようとしていた

 

そんな感じで保険の契約が済み

僕にもしものことがあっても

いい感じに保険金が降りることとなった

 

よかったよかった

 

 

しかし今日の1日はヤバかった

 

僕がビビリでありコミュ障であることを

再確認させられたのだ...

 

お姉さんも

世の中コミュ力と体力が問われますからね~

って言ってたしヤバイ...

 

50m走10秒切るか切らないかの遅さ(体力ない)の僕が

時速5000兆kmくらいで

社会不適合者ロードまっしぐらしてる気がする...

 

誰か僕を社会に適合させてくれ...

おわり...