どうにかなってる日記

あるトマトの日記

Twitterが消えた日

今日も今日とてTwitter活動

 

レッツ起動♪ 起動♪ レッスン1♪

 

f:id:tanosinakama:20181031164505p:image

そうそう! いい顔で...あれれっ??

 

この表示はヘルスケア...?

 

一旦ホーム画面に戻ろう

 

f:id:tanosinakama:20181031164300p:image

ん!?!!?

 

いつもTwitterがある位置(左上)

なぜかヘルスケアが鎮座しているぞ??

 

なんで???

 

 

...あっ

そういえばこんなことがあったんだっけ...

 

 

時は今朝にまで遡る...

 

昨日

貰った消しゴムをお菓子と勘違いして喰うという

イタズラなのかなんなのかわからない目に遭った僕

 

そんな僕は今朝

本物のお菓子をもらうべく街を徘徊していた

 

すると!

 

「トリックオアトリート!」

 

どこからともなく謎の声が!

 

あたりを見回しても声の主は見当たらない

 

それもそのはず

声の主は僕の真上で空飛ぶ箒に座っていたのだ

 

まさか魔法使い...?

 

「ど...ドナタデスカ...」

 

とりあえず話してみようとするが

コミュ障の僕はまともに人と話すことが出来ない!

 

「私はみならい魔女! 魔法の練習中なんだ」

「ソウデスカ...」

 

魔法使いではなく魔女だったようだ...

 

「...って! そんなことはどうでもよくて!」

「エッ...?」

「トリックオアトリート! 

お菓子くれなきゃイタズラしちゃうよ!」

 

彼女はそう言うと

魔法のステッキを僕に向けてきた

 

そう... 今日はハロウィンなのだ...!

 

しかし

あいにく僕はお菓子を持ち合わせていなかった...

 

「スイマセ...お...オカシナインデスケド...」

「えー! じゃあイタズラしちゃうよっ!」

 

f:id:tanosinakama:20181031164112j:image

「チョコプッチンラッキービ~~~厶!!」

 

彼女のビームはスマホに直撃...!

 

画面を見てみると...

 

f:id:tanosinakama:20181031170801p:image

Twitterヘルスケアになってしまっていた...

 

お菓子をもらうつもりが

まさかイタズラされてしまうなんて...

 

やられた~...

 

 

(※ここまで実話を織り交ぜたフィクション)

 

 

...何が言いたかったのかというと

なんとなく今日はツイ禁の日にしてみたのだ

 

Twitterに時間をガリガリ奪われてる感があったから...

 

 

まあ...別にこのツイ禁は今日だけのつもりだし

 

f:id:tanosinakama:20181031170550p:image

アプリ自体は奥地に残してある

 

f:id:tanosinakama:20181031170132p:image

駅着いた学校終わりもつぶやいたしって感じで

メチャクチャ緩めな感じのツイ禁

 

まあ...

駅着いたつぶやくためだけにTwitterを起動して

ツイートしたら即ホームに戻るんだけど...

 

 

やってみた感じとしてはね...

 

なんか

時間をメチャクチャうまく使えてるような気がする...

 

いやあ...

Twitterの時間を別のことに充てるだけで

こんなにも健全な生活を送ることができるなんて...

 

良い...

 

 

しかし... 禁断症状が出てるんだか

今日ちょっと体調悪い...

 

咳とかそういうのじゃないんだけど

なんか全身が常に痛いというかなんというか...

 

節々の痛み...

 

コレはまさか...

 

ツイ禁によるインフルエンザ発症とか...?

 

いや...

 

まさかね...

 

 

まあ...インフルエンザじゃ

まともに授業も受けられないだろうしたぶん違う...

 

うん...

 

お菓子たべたい...